→毎日更新!kindle日替わりセール・kindle月替わりセールはこちら

楽天経済圏とAmazonを併用するオキテ破りの超便利買い物術

日本でもっとも利用されているECサイトと言えば楽天市場とAmazon。

翌日配送や商品の検索機能など、実店舗での買い物にも負けない便利さが強みです。

そこで「楽天とAmazonはどっちがおすすめなの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。

楽天とAmazonにはそれぞれの強みがあるので、両方を上手く併用することで便利に買い物ができます。

ということで今回の記事では、楽天経済圏とAmazonプライムを併用する買い物術を紹介します

わたし自身が実践している買い物術なので、楽天とAmazonどっちも好きな人は是非ご一読ください!

→Amazon特選タイムセール会場はこちら

→楽天スーパーDEAL50%ポイントバック対象商品はこちら

楽天経済圏とAmazonプライムを併用すると買い物が捗る!

楽天経済圏を利用していると「楽天ポイントを貯めたいから楽天市場以外では買い物をしない」とついつい考えてしまいます。

また、Amazonプライムに加入すると「せっかくプライム会員の会費を支払っているんだからAmazonで買い物をしないともったいない」という考えになってしまうことも。

しかし、楽天経済圏とAmazonプライムにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

2つのサービスを上手く併用すると、より快適にネットで買い物ができるようになります。

「楽天かAmazonかのどちらかしか使わない」のは非常にもったいないです。

まずは楽天経済圏とAmazonのメリットとデメリットを把握してみましょう。

→Amazon特選タイムセール会場はこちら

→楽天スーパーDEAL50%ポイントバック対象商品はこちら

楽天経済圏のメリット・デメリット

はじめに楽天経済圏のメリットとデメリットを解説します。

あくまで「Amazonとの比較」であることをご理解ください。

楽天経済圏のメリット

楽天経済圏のメリット

・ポイント還元率が高い

・楽天グループ全体でコスパの高いサービスが多い

・楽天スーパーセールでお得に買い物ができる

楽天経済圏で暮らす最大のメリットは、楽天ポイントが大量に貯めやすいところです。

楽天スーパーセールのショップ買い回りとSPUを組み合わせると20%還元を受けることも可能です。

また、楽天経済圏では楽天モバイル・楽天ひかり・楽天でんきなど、生活に欠かせないサービスとも契約できます。

楽天経済圏を利用すると、楽天市場の買い物以外でも固定費を抑えられるメリットがあります。

→楽天市場で開催中のタイムセールを確認する

→楽天市場で配布中のクーポンを確認する

楽天経済圏のデメリット

楽天経済圏のデメリット

・セール時期以外の買い物にお得感が少ない

・商品到着までの日数がショップ次第

上にあげたのは楽天経済圏…というよりも楽天市場のデメリットです。

楽天市場で安く買い物をするには、楽天スーパーセールでショップ買い回りをして…という前提があります。

つまり、楽天経済圏を利用したとしても、セール時期以外は特別お得に買い物ができる訳ではありません。

また楽天市場は商品の発送・到着日数は購入したショップ次第になります。

もちろん、購入後すぐに発送してくれるショップもありますが、購入ボタンを押してから2週間後にやっと商品が自宅に到着…なんてことも多々あります。

楽天市場にはAmazonプライムのようなスピード感がないので急ぎの買い物には注意が必要です。

Amazonプライム会員のメリット・デメリット

次にAmazonプライム会員のメリットとデメリットを紹介します。

こちらで紹介するメリット・デメリットも楽天市場との比較になります。

Amazonプライム会員のメリット

Amazonプライムのメリット

・お急ぎ便とお届け日指定便が無料

・商品到着日がわかりやすい

・セール目玉商品が激安

Amazonプライム会員の最大のメリットは配送システムです。

注文を確定してから商品受け取るまでがとてもスムーズです。

地域によって異なりますが、お急ぎ便を使うと注文の翌日に商品を受け取ることができます。

また、Amazonではプライムデーとブラックフライデーという大型セールを1年に2回開催します。

Amazonのセールは対象商品であれば早い者勝ちで激安価格で購入できます。

急いでる時や早く商品を受け取りたい時はAmazonが便利!

→Amazon特選タイムセール会場はこちら

Amazonのデメリット

Amazonのデメリット

・ポイントが貯まりずらい

・セールで欲しい商品が安く買えるとは限らない

楽天市場と比べてAmazonはポイントが貯まりずらいのが特徴です。

ポイントサイトを経由したりAmazonカードを使うことでポイントを貯めることができますが、どれだけ努力しても楽天よりもポイントを貯めることができません。

また、Amazonのセールは対象商品しか値下がりがしません。

楽天スーパーセールのように「すべての商品を安く買える」ということができないのがAmazonのデメリットです。

→Amazon特選タイムセール会場はこちら

楽天経済圏とAmazonを併用する超便利な買い物術

ここまで解説したメリット・デメリットを踏まえると、以下のように楽天とAmazonを併用するのがおススメです。

  •  楽天スーパーセールで消耗品をまとめ買い
  •  緊急性の高い買い物はAmazon
  •  Amazonプライムデー目玉商品をチェック

これらのルールに沿って楽天とAmazonを併用すると、便利にお得に買い物ができます!

楽天スーパーセールで日用品と消耗品をまとめ買い

3月,6月,9月,12月に開催される楽天スーパーセールでは、普段使いをする日用品と消耗品をまとめ買いしましょう。

楽天スーパーセールは開催時期が予想しやすいので、楽天スーパーセールに合わせて日用品のストックを管理するのがおススメです。

また楽天スーパーセールで開催されるショップ買い回りイベントは、まとめ買いや大量購入と相性がバツグンです。

ちなみに我が家では、水・シャンプー・洗剤・コンタクトレンズなどを楽天スーパーセールでまとめ買いをしています。

→楽天市場で開催中のタイムセールを確認する

→楽天市場で配布中のクーポンを確認する

緊急性の高い買い物はAmazon

今すぐに欲しい物や緊急性の高い買い物はAmazonを利用しましょう。

Amazonプライム会員はお急ぎ便を無料で利用できます。

商品の種類と住んでいる地域によりますが、午前中にお急ぎ便を利用すると翌日には配送することも可能です。

ちなみに楽天市場はショップによって発送までの日数が大きく異なります。

倉庫で一括管理しているAmazonは、商品到着までの日数が明確なので、急ぎの買い物の時は非常に助かります。

→Amazon特選タイムセール会場はこちら

Amazonプライムデーで目玉商品をチェック

AmazonではAmazonプライムデーとブラックフライデーという、大型セールが年2回開催されます。

特にAmazonプライムデーは、プライム会員限定のセールなので必ずチェックしましょう。

Amazonのセールは対象商品であればとても安く購入できます。

楽天スーパーセールのように、買い回りやSPUを攻略する必要はありません。

楽天とAmazonを賢く併用するために必要な準備

楽天とAmazonを併用するためには以下2つの準備をしましょう。

  •  SPUを上げる
  •  Amazonプライムに加入する

たったこれだけの準備で楽天とAmazonを便利にお得に使えます!

楽天SPUを上げる

楽天でお得に買い物をするためにはSPUを上げましょう。

SPUは楽天モバイル・楽天カード・楽天証券・楽天銀行などのサービスを使うことで、楽天市場で買い物した時のポイント還元率を上げることができます。

SPUは最大+15倍まで上げることができます。

SPUを+15倍まで上げると楽天市場での買い物がすべて15%ポイントバックされます。

しかし、現実的にSPUを+15倍まで上げるのはかなり難しいです。

7~11倍くらいを目標にして無理のない範囲で楽天経済圏のサービスを利用しましょう。

→楽天市場で開催中のタイムセールを確認する

→楽天市場で配布中のクーポンを確認する

Amazonプライムに加入する

Amazonプライムは年間プラン4,900円、月間プランは500円で加入できます。

通年で計算すると年間プランは月間プランに比べて2,100円も安いので、Amazon初心者でもいきなり年間プランで契約するのがおススメです。

Amazonプライム会員になると、お急ぎ便無料・お届け日時指定便を無料・primevideo・primemusicなどのサービスを受けられます。

お急ぎ便は急を要する買い物にも対応できるので非常に便利です。

→Amazonプライム入会はこちら

まとめ

この記事では楽天経済圏とAmazonプライムを併用する方法について解説しました。

楽天スーパーセールでまとめ買いをして、すぐに手元に欲しい商品はAmazonのお急ぎ便で注文する、という使い方が非常に便利です。

どちらかのサービスに依存するのではなく、楽天とAmazonの強みを活かすことで快適に買い物をできる環境を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA