→63時間限定のビッグセール!Amazonタイムセール祭りはこちら

【超カンタン】PayPay(Yahoo!)経済圏の始め方まとめ!【2021年版】

こんにちは!PayPay経済圏を利用しているサイト管理人のポイント田中です!

2021年から注目されているPayPay経済圏。楽天経済圏の対抗馬として期待されている経済圏です。

最近は天経済圏のたび重なる改悪でPayPay経済圏への移行を考えている人も多くいるようです。

そこで今回の記事では、PayPay経済圏の始め方について解説します。

ちなみに、PayPay経済圏は楽天経済圏に比べて始めるのがとても簡単です!

初めて「〇〇経済圏」に興味を持っている人や、楽天経済圏からの乗り換えを考えている人でも、PayPay経済圏は無理なく始められます。

サイト管理人の私が実際にPayPay経済圏に入った経験をもとに解説します!是非ご一読ください!

→Yahoo!ショッピングで配布中のクーポンを確認する

→PayPayモールのお得商品をチェックする

そもそもPayPay経済圏って本当にお得なの?

そもそもですが「PayPay経済圏って本当にお得なの?」という疑問は多くの人が気になっているところです。

実際にわたしがPayPay経済圏に入ってみた感想を率直に述べると、楽天経済圏に負けないレベルでお得だと感じました。

特に、Softbankかワイモバイルでスマートフォンを既に契約している人は、絶対にPayPay経済圏を利用した方がいいです。

ただし、PayPay経済圏と楽天経済圏を比較すると、それぞれにハッキリとした強みと弱みが存在します。

PayPay経済圏と楽天経済圏の経済圏のメリットとデメリットを比較して「どちらの経済圏を利用するか?」は自分で判断するといいでしょう。

わたし個人的には、お得に買い物をしたい人はPayPay経済圏、スマホの料金を抑えたい人は楽天経済圏と相性が良いと感じました!

楽天経済圏に比べてPayPay(Yahoo!)経済圏の始め方はめちゃくちゃ簡単!

ここからは先は、PayPay経済圏を始め方を具体的に説明していきます。

ライバルの楽天経済圏は楽天カードの発行や楽天証券と楽天銀行の口座開設など、経済圏に入るための手続きが多いのデメリットです。

一方のPayPay経済圏を始める手間は楽天経済圏に比べてかなり少ないです。

PayPay経済圏は楽天経済圏に比べて圧倒的に始めやすい!

→Yahoo!ショッピングで配布中のクーポンを確認する

→PayPayモールのお得商品をチェックする

PayPay(Yahoo!)経済圏の始めるための3つのステップ!

PayPay経済圏に入るためには以下の3つのステップが必要です。

PAYPAY経済圏を始めるための3つのステップ
PayPayとYahoo!アカウントを連携する

②Yahoo!カードを発行する

③スマホをワイモバイルもしくはSoftbankと契約する

Yahoo!カードを発行して、ワイモバイルかSoftbankと契約するだけで、PayPay経済圏へ入るための手続きはほぼ終了です。

楽天経済圏に入るまでに必要な手間と比較すると、PayPay経済圏は圧倒的に簡単だということがわかります。

この3つのステップを踏むことで、PayPayモールとYahoo!ショッピングで15%以上のポイント還元を受けることができます。

PayPay経済圏を始めるためにはたったこれだけ!

→PayPayをインストールする(IOS専用)

→PayPayをインストールする(android専用)

ステップ①PayPayとヤフーアカウントを連携

PayPay経済圏を始めるためには、PayPayアプリとYahoo! JAPAN IDに登録して、二つのアカウントを連携させましょう。

具体的な手順として「①PayPayアプリをインストールする→②Yahoo! JAPAN IDを取得する→PayPayアプリの「外部サービス連携」からYahoo! JAPAN IDと連携させる」という流れで作業は完了します。

初めてPayPayとYahoo!JAPANを利用する人でも、20分もあれば完了できる簡単な作業です。

PayPayアプリとYahoo! JAPAN IDを連携させることで、Yahoo! JAPANで付与されるPayPayボーナスライトの受け取りとPayPay残高での支払いができるようになります。

また、特典としてPayPayモールでポイント還元率+2%が加算されます。

 

PayPayとYahoo!を紐づけるだけでポイント還元率が上がるなんて美味しすぎる!

→PayPayをインストールする(IOS専用)

→PayPayをインストールする(android専用)

ステップ②Yahoo!カードを発行

二つのステップではクレジットカードのYahoo!カードを発行します。

Yahoo!カードはPayPayアプリ・PAYPAYモール・Yahoo!ショッピングと相性が抜群に良いクレジットカードです。

Yahoo!カードの基本情報は以下の通り。

年会費永年無料
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
家族カード年会費無料
ポイント還元率1%

Yahoo!カードは年会費無料で還元率が高いことから、日常の決済に利用するメインカードとしてもおススメな1枚です。

Yahoo!カードは申し込みフォームに必要情報を入力して申請をすると最短2分で審査し、7~10日でカードを受け取ることができます。

Yahoo!カードを受け取ったら、さっそくPayPayアプリと連携しましょう。

Yahoo!カードはPayPay残高に直接チャージができる唯一のクレジットカードです。

口座引き落としやコンビニATMでPAYPAYをチャージする必要がなくなります。

ステップ③スマホをワイモバイルもしくはSoftbankと契約

PayPay経済圏に入る最後のステップとして、スマホをワイモバイルもしくはSoftbankと契約しましょう。

ワイモバイルもしくはSoftbankユーザーは、無料でYahoo!プレミアム会員の特典を受けられるのが特徴です。

Yahoo!プレミアム会員は、PayPayモールとYahoo!ショッピングでポイント還元率+2%が加算されます。

ワイモバイルとSoftbankでは、契約時に設定とポイント還元率が異なるので分けて解説します。

ワイモバイルを選択する場合

できるだけ通信費を抑えてPayPay経済圏を始めたい人にはワイモバイルがおススメです。

ワイモバイルの料金プランは以下の通り。

月額基本料金はシンプルSを選択して、通話オプションの「だれとでも定額」を組み合わせると、月々の通信費を3,000円以下に抑えることができます。

家族と同居している人は家族割引サービスを適用させることで、月額基本料をさらに下げることが可能です。

ワイモバイルはオプションの「enjoyパック」に加入すると、PayPayモールYahoo!ショッピングでポイント還元率+5%が加算される特典を受けられます。

enjoyパックの月々の料金は500円。特典の500円OFFクーポンを利用するだけで、月額料金の500円を簡単に回収できるのが魅力です。

PayPay経済圏に入るためにワイモバイルを契約する人は必ずenjoyパックに加入しましょう!

→ワイモバイルオンラインストア

Softbankを選択する場合

Softbankは大手キャリアということもあり、ワイモバイルをはじめとするMVNOと比較すると月々の通信費はかなり高額です。

月々の通信費が7,000円を超えてしまうのは家計的にかなりキツイ…

しかし、SoftbankユーザーにはPayPayモールとYahoo!ショッピングの毎週日曜日のポイント還元率が+10倍加算される特典が付帯します。(付与上限1,000円相当/日)

高品質な通信環境を必要としている人は、ワイモバイルではなくSoftbankを検討してみるのもいいでしょう。

また、2021年3月にリリースされたLINEMOは、Yahoo!プレミアム会員・PayPayモールとYahoo!ショッピングの特典は受けられないので注意が必要です。

Softbankとワイモバイルで迷ったら、月額料金が安いワイモバイルがおすすめです。

→ワイモバイルオンラインストア

PayPay(Yahoo!)経済圏の準備整ったら、PayPayモールとYahoo!ショッピングで買い物をしよう!

ここまでは、PayPay経済圏に入るための準備を3つのステップに分けて解説しました。

ここからはPayPay経済圏のお得な買い物方法について解説します。

お得に買い物をするための方法は以下の4つです。

①毎週日曜日はPayPayモールとYahoo!ショッピングで高ポイント還元

②5のつく日にPayPayモールとYahoo!ショッピングで買い物をすると+5%還元!

③ポイント還元率40%以上の超PayPay祭り!

PayPayアプリのクーポンも忘れずにチェック

PayPayモールとYahoo!ショッピングを最大限利用してお得に買い物をしましょう。

毎週日曜日はPayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOで高ポイント還元!

Softbankユーザーは毎週日曜日にPayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOで買い物をすると、ポイント還元率+10倍加算される特典を受けられます。

1日の付与上限は1,000円相当までに設定されており、購入金額の10,000円までがポイント付与の対象となります。

また、Softbankユーザー以外の人も日曜日はポイント還元率は+5倍です。

ワイモバイルユーザーは日曜日の+5倍とenjoyパックの+5倍で、実質Softbankユーザーと同じ還元率で買い物ができます。

Yahoo!ショッピングの24時間限定タイムセールはこちら

→プレミアムストアが集結するPayPayモールはこちら

5のつく日にPayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOで買い物をすると+5%還元!

PayPayモール・Yahoo!ショッピング・LOHACOで毎月5,15,25日に買い物をすると、ポイント還元率が+4倍加算されます。

1日の付与上限は5,000円相当までに設定されています。

5のつく日キャンペーンに参加するためには事前にエントリーをする必要があり、PayPayとYahoo!JAPAN IDを連携している人しかエントリーできません。

PayPay経済圏は日曜日と5のつく日を狙って買い物をすると、大量のポイントバックを受けられます!

Yahoo!ショッピングの24時間限定タイムセールはこちら

→プレミアムストアが集結するPayPayモールはこちら

ポイント還元率40%以上のPayPay祭り!

PayPay祭りとは、2020年10月17日~11月15日と2021年3月1日~3月28日の、過去2回開催されているPayPayの超ビッグイベントです。

PayPayアプリで使用できるお得なクーポンが大量に配布されたり、PayPayモールとYahoo!ショッピングで高還元を受けられるなど、イベント開催期間中は超お得に買い物ができます。

わたしも超PayPay祭りに参加した時、15,600円のパソコンモニターを約3割引程度の価格で購入できました。

ハッキリ言ってメチャクチャお買い得です。

超PayPay祭りは不定期開催ですが、開催された際には必ず参加しましょう。

PayPayアプリのクーポンも忘れずにチェック

スマホアプリのPayPayでは、定期的に使い勝手の良いクーポンが大量に配布されます。

牛角・ドトール・赤ちゃん本舗・日高屋・松屋など、大手チェーン店で使用できるクーポンが非常に多いのが特徴です。

10%程度の割引を受けられるクーポンも多いので、こまめにPayPayを使用しているとかなり節約にもなります。

数あるPAYアプリの中でも、PayPayの取り扱っているクーポンの数はダントツです!

まとめ

この記事ではPayPay経済圏について解説しました。

PAYPAY経済圏の始め方を簡単にまとめると以下の通りになります。

  •  ワイモバイルもしくはSoftbankを契約する
  •  Yahoo!カードを発行する
  • PayPayモールとYahoo!ショッピングで買い物をする

PayPay経済圏はサービス名が統一されておらず一見複雑そうに感じますが、実際にPayPay経済圏を始めるための手順は非常にシンプルです。

少しでもPayPay経済圏に興味がある人は、軽い気持ちでPayPay経済圏を始めてみるといいでしょう。