楽天市場で買うと安いものまとめ!初めてでもわかる激安商品の探し方

ネットで買い物をするとき、できる限り安い価格で購入するために、楽天市場・Amazon・ヤフーショッピングなどのサイトを見て価格を比較しますよね。それぞれのサイトの価格を見比べていると、「同じ商品でも楽天市場だけちょっと値段が高い…?」なんてことがたびたびあります。

それもそのはず。楽天市場は商品購入後に付与される楽天ポイントの差額で安く買い物ができるので「楽天は販売価格がめちゃくちゃ安い!」ということは珍しいです。

そこで今回の記事では、楽天市場で買うと安いものと安い商品の探し方を、楽天歴6年のわたしが解説します。SPUを上げていない楽天会員でも、かなり安く買い物ができる方法なので、楽天ライトユーザーの人も是非参考にしてください!

前提として:楽天市場で買うと安いものは、その時々によって異なる

まず大前提として、「○○(商品名)は楽天で買うと安い!」ということはありません。楽天市場でもAmazonでも、商品ごとの価格は需要と供給のバランスによ日々変動します。

もっと細かく説明すると、楽天市場の商品価格は出品しているショップごとでも異なります。楽天市場はさまざまなネットショップの集合体です。同じ商品でも、楽天市場に出店しているショップごとに価格が決められており、「どこのショップが安いか?」は、イベント・クーポン・キャッシュバックなど多くの要素が絡んできます。

楽天市場で買うと安いものとは?

日々価格が変動するネットショップですが、楽天市場のサイト内には安く買い物ができる方法が存在します。それは以下の3つです。

  • ①楽天スーパーDEAL
  • ②24時間タイムセール
  • ③先着限定クーポン

これらをうまく利用すると、普段に比べてお得に買い物ができます。また、SPUを上げていない楽天のライトユーザーでも、割引orポイントキャッシュバックを受けられます。「普段はAmazonでしか買い物をしない」ような人でも、十分にお得商品を見つけられるので是非チェックしてください。

①楽天スーパーDEAL

楽天スーパーDEALとは、楽天市場内にある高ポイント還元サービスです。楽天スーパーDEALに出品されている商品を購入すると、20~50%ポイントバックされます。ポイントキャッシュバックにより実質2~5割引で買い物ができる…楽天市場の目玉といえる存在です。

取り扱っている商品は、人気のグルメや有名ブランド品、トレンドファッションにいたるまで、ジャンルを問わず取り揃えています。2020年7月現在ではダイソン・アンカー・花王・P&Gなど、実用性の高い商品が割引対象になっています。

もちろん、SPUを上げていないライトユーザーでも、楽天スーパーDEALでポイントキャッシュバックを受けられます。

②24時間タイムセール

24時間タイムセールとは、毎朝10時に更新される時間限定のセールです。ポイントバックされる楽天スーパーDEALとは異なり、セール対象商品の価格が下がっているのが特徴です。

24時間タイムセールの注意点として、人気商品は夕方頃になると売り切れている可能性があります。特に楽天スーパーセールや超ポイントバック祭などのイベント期間では、24時間タイムセールでせどらーが大量仕入れにも使うので、セール商品が入れ替わったばかりの午前中に買い物をするのがおすすめです。

24時間タイムセールは割引商品が出品されるまでわからないデメリットがあります。しかし、他のネットショップと比べると割引率は非常に優秀です。

③先着限定クーポン

楽天市場ではショップごとに利用できるクーポンが定期的に発行されます。先着限定の割引率の良いクーポンを獲得できると、普段の楽天市場の買い物に比べてかなり安く商品を購入できます。

楽天市場のショップごとに配信されるメールマガジンに登録しておくと、お得な情報をいち早く受け取れます。メールマガジンは若干煩わしいですが、お気に入りショップだけでも登録しておくのがおすすめです。

楽天市場で安く買い物をするための2つのポイント

ここまでは、誰でも楽天市場で安く買い物ができる方法を紹介しました。ここからは、手間がかかるものの、より安く買い物ができる方法を解説します。

これより先の内容は楽天市場以外の楽天サービスを使ったり、楽天市場で大量購入する必要があるので、楽天のライトユーザーにおすすめできません。しかし、楽天市場でかなりお得に買い物ができるようになるので、楽天経済圏にどっぷり浸かりたい人は是非参考にしてください。

SPUを上げる

SPUとはスーパーポイントアッププログラムの略で、楽天のサービスを使うことで、楽天市場でのポイントバック還元率が最大で16倍になるサービスです。

SPUを上げるためには、楽天カードを発行して、楽天モバイルと契約をして、楽天証券で投資をして…などと、日常生活で必要なサービスを楽天に移行する必要があります。かなり煩わしい作業のように感じますが、楽天が提供しているサービスはどれも使い勝手が良いものばかりです。

通信料を下げたい人や、積み立て投資を始めたい人は、これを期に楽天のサービスを使ってみるといいでしょう。

セールやイベントで買い物をする

楽天市場で最大限安く買い物をしたのであれば、セールやイベントで買い物をするのがもっともおすすめ。特におすすめのイベントが、楽天スーパーセールと超ポイントバック祭です。

楽天スーパーセールでは、お買い物マラソンというイベントがあり、購入したショップの数に応じた割引を受けられます。例えばですが、楽天スーパーセール期間中に、楽天市場の10ヶ所のショップから買い物をすると、付与される楽天スーパーポイントの倍率は+10倍に…という具合に、買えば買うほどポイントバックを受けられます。

わたしも楽天スーパーセールでは、日用品や消耗品などを大量に買い込むので、びっくりするくらいのポイントバックを受けています。

まとめ:楽天市場で安く買い物をしよう!

「楽天市場は楽天経済圏の人しか安く買い物ができない」というイメージがありますが、楽天スーパーDEALと24時間タイムセールの商品は、SPUを上げてなくも誰でも安く購入できます。

もちろん、普段から楽天のサービスを使って、SPUを上げているのがもっともおすすめです。しかし、楽天のライトユーザーでも正しい商品の探しかたをすれば、楽天市場で安い商品を購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA