楽天SPU攻略決定版!知らないと損をするテクニック!

楽天市場でのポイント還元率を上げるために、SPU攻略を目指している人はたくさんいます。しかし、SPUは16種類もの項目があるので、どのSPUを上げれば効率良くポイントを稼げるのかわかりずらいんですよね。

そこで今回の記事では、楽天歴6年のわたしが攻略するべきSPUと、攻略しなくもSPUを紹介します。

手前みそではありますが、SPUを攻略できたことで2020~2021年の1年間で楽天で140,000ポイント獲得できました。

無理のない範囲でSPUを最大化する方法を解説するので、是非ご一読ください!

楽天SPUとは?

SPUとはスーパーポイントアッププログラムの略です。楽天グループの対象サービスを利用することで、楽天市場の買い物で獲得できる楽天スーパーポイントの還元率を最大で16倍にまで上げられるシステムです。

具体的な「楽天市場以外のサービス」とは、楽天モバイル・楽天証券・楽天カード楽天トラベルetc…などのサービスを指します。これらの楽天のサービスを使えば使うほど、SPUで恩恵を受けられます。

SPUを上げておくと1ヶ月で10,000ポイント以上獲得することも可能です!

楽天SPU攻略のコツ

楽天市場でお得にお買い物をしたい人は、とにもかくにもSPUを攻略しましょう。SPUを上げるのは一見難しそうに感じますが、無理のない範囲で攻略するのがおススメです。

SPUを攻略する基礎的なコツは以下の2つ。

  • ①楽天のサービスを普段使いする
  • ②楽天市場で買い物をする月に合わせてSPUを上げる

この2つのコツを意識するだけで、SPU+8倍以上はかなり簡単に達成できます。

楽天SPU攻略のコツ①:楽天のサービスを普段使いにする

もっとも効率良くSPUを攻略するコツは、楽天グループのSPU対象サービスを普段使いすることです。

例えば、「普段使っているスマホを楽天モバイルで契約する」「楽天銀行をメインバンクにする」「ホテルや航空券を予約する時は楽天トラベルを使う」などなど…。わたしたちの生活に必要なサービスの多くを、楽天でまかなうことにより無理なくSPUを上げることができます。

もちろん、楽天を使ったことが無い人が、いきなりすべて楽天のサービスに乗り換えるのはめんどくさい作業です。しかし、楽天グループが提供しているサービスはどれも使いやすくコスパが良いので、時間をかけてでも楽天経済圏に移行するのがおすすめです。

楽天SPU攻略のコツ②:楽天市場で買い物をする月に合わせてSPUを上げる

楽天市場で買い物をする月に合わせて、集中的にSPUを上げましょう。

楽天モバイルや楽天カードなどのサービスは、契約している限り毎月必ずSPUに加算されます。一方で楽天トラベル・楽天ブックス・楽天ビューティなどのサービスは、利用した月だけSPUに加算されます。

これらの「利用した月だけSPUに加算される系サービス」を、楽天スーパーセールや超ポイントバック祭が開催される月に合わせて利用すると、効率良くSPUを上げることができます。

わたし自身は、楽天TV・NBAなどのサービスを普段使うことがありませんが、楽天スーパーセールで買い回りをする月だけ契約しています。楽天TV・NBAは契約するために料金がかかりますが、買い回りの購入金額によって契約料金以上のポイントバックを受けられます。

楽天SPUで絶対に攻略したい項目

ここからは「SPUのどの項目を達成すればいいか?」を具体的に解説します。ちなみにですが、SPUを上げるため楽天経済圏にどっぷり浸りたい人向けの内容なので、楽天ライトユーザーには少し難易度が高いかもしれません。

  • 楽天会員(+1倍)
  • 楽天モバイル(+1倍)
  • 楽天カード(+2倍)
  • 楽天銀行+楽天カード(+1倍)
  • 楽天電気(+0.5倍)
  • 楽天証券(+1倍)
  • 楽天市場アプリ(+0.5倍)
  • 楽天ブックス(+0.5倍)
  • Rakuten Fashion(+0.5倍)
  • 楽天TV・NBA(+1倍)

これから楽天経済圏でお得に買い物をしたい人が最低限達成しておきたいSPUの一覧です。ちなみにこれらすべてを達成るするとSPUが+11倍になります。

「安く買い物をしたい!」と本気で思っているのであれば、これらの項目は必ず達成しておきましょう。それでは1つづつのSPUを具体的に解説していきます。

①楽天会員(+1倍)

楽天会員に登録するだけで、SPU+1倍が加算されます。

会員登録した直後から誰でも達成しているSPUです。

②楽天モバイル(+1倍)

楽天モバイルの通話SIMを契約するとSPU+1倍が加算されます。

「スマートフォン契約を楽天に乗り換えるのはめんどくさそう…」と感じてしまいがちですが、楽天モバイルは高い節約効果が見込めるのでかなりおススメです。というのも2021年に発表された「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、データ使い放題と国内通話かけ放題がセットになって月額2,980円で契約できます。データ通信料が1G未満の人に関しては月々の料金は無料。三大キャリアのAU・docomo・Softbankと比べると破格です。

SPUを攻略するという目的を抜きにしてもおすすめな回線なので、スマホ料金を下げたい人や、データ通信にストレスを感じている格安SIMユーザーは楽天モバイルを検討してみるといいでしょう。

③楽天カード(+2倍)

楽天市場の決済で楽天カードを使用するとSPU+2倍が加算されます。

楽天カードは無料で発行できるクレジットカードなので、楽天市場の会員登録をした人は必ず作るのがおススメです。

楽天カードは楽天市場以外でも1%還元が受けられます!

④楽天銀行+楽天カード(+1倍)

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定するとSPU+1倍が加算されます。楽天銀行の口座開設は非常に簡単なので、SPUアップのために達成しましょう。

そもそも楽天銀行をはじめとするネットバンクは非常に便利で使い勝手の良いサービです。いまだに地銀やメガバンクの口座を個人のメインバンクにしている人は多いですが、ネットバンクは引き落としと口座振り込みの手数料が圧倒的に安いので、楽天銀行を使うことで日々の節約にも役立ちます。

⑤楽天でんき(+0.5倍)

電力会社を楽天でんきに切り替えるとSPU+0.5倍加算されます。

楽天でんきはWEBからの申し込みで切り替えができます。現在契約している電力会社への手続きも楽天が代行してくれるので、ほとんど手間をかけず楽天でんきに移行できます。

ホームページに掲載されている料金プランを見る限り、他の電力会社と比較しても電気料金はそこそこ安いことがわかります。

⑥楽天証券(+1倍)

楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入すると、SPU+1倍が加算されます。

まだ証券口座を開設していない人は、SPU攻略を機会に積み立てNISAを始めるのがおすすめです。

すでに他の証券会社で積み立てNISAをしている方は、楽天市場でまとめ買いをする月に合わせて、楽天ポイントを使って500円分の投資信託を購入しましょう。

楽天経済圏に入るのをきっかけに積み立てNISAをはじめよう!

⑦楽天市場アプリ(+0.5倍)

スマートフォンの楽天市場アプリ経由で買い物をするとSPU+0.5倍が加算されます。ブラウザの楽天市場で注文を確定するとSPUが加算されないの注意が必要です。

わたしの場合、購入する商品を探したり買い物かごに入れるのはパソコン、「注文を確定する」を押すのは楽天市場アプリ、というように使い分けをしています。楽天市場アプリについては下の記事でまとめているので、合わせて読んでみてください。

⑧楽天ブックス(+0.5倍)

楽天ブックスとは、本・DVD・CD・ゲーム・PC周辺機器を販売しているショップです。1,000円以上の買い物をするとSPU+0.5倍加算されます。

楽天ブックスのSPUを達成しておきたい理由は、楽天スーパーセールで開催されるショップ買い回りに加算されるからです。ショップ買い回りイベント楽天ブックスで買い物をすると、1つのショップを買い回ったことになるのです。

また、取り扱っている商品も豊富なため欲しい商品が見つかりやすいメリットです。ゲームやPCソフトも取り扱っているので要チェック。楽天スーパーセールでは必ず楽天ブックスで買い物をしておきたいですね。

⑨Rakuten Fashion(+0.5倍)

Rakuten Fashionも楽天スーパーセールなどの、ショップ買い回りイベントに合わせて達成しておきたいSPUです。

もちろん「楽天で服を買うなんて…」と考える人は多いでしょう。わたしも当初は商品の実物を見ないで服を買うのはあり得ないと考えていました。

しかし、Rakuten Fashionでは多くの有名ブランドを取り扱っているので、ネットと言えど安心して服を買うことができます。ナノユニバース・ビームス・ジェラートピケ・ユナイテッドアローズetc…大満足のラインナップです。

買いたい服がなくてSPUを達成したい場合は、Rakuten Fashionで靴下やインナーをはじめとする安価な生活必需品を購入するのがおすすめです。

⑩Rakuten TV・NBA Rakuten(+1倍)

RakutenTVもしくはNBA Rakutenに加入するとSPU+1倍が加算されます。

不要なサブスクリプションサービスを契約したくない気持ちも理解できますが、楽天市場でまとめ買いをする月だけ、SPUを達成するために必ず加入しましょう。

Rakuten TVの「Rakuten パ・リーグ Special」であれば月額702円で契約できます。楽天市場で72,000円以上の買い物をすると元が取れる計算になるので、楽天スーパーセールに合わせて、1ヶ月だけ契約するのがおすすめです。

楽天SPUでできれば攻略した項目

ここまでは必ず達成したいSPUを紹介しました。ここからはできれば達成したいSPUを紹介します。あくまで「できれば」なので、SPUを上げるために無理をする必要がないサービスたちです。

  • 楽天トラベル
  • 楽天Kobo
  • 楽天ビューティー
  • 楽天ひかり
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天の保険+楽天カード

これらのサービスは、本当は必要ないのにSPUを上げるためだけに使用すると、最終的に損をしてしまう可能性があります。

もともと旅行や美容室に行く予定であれば、楽天トラベルや楽天ビューティーを介して予約をしましょう。

①楽天トラベル(+1倍)

楽天トラベルは5,000円以上のホテル・ツアー・レンタカーを予約するとSPU+1倍が加算されます。予約した月の2ヵ月後末日までに利用終了する旅行が対象です。

SPUを上げたい月に合わせて楽天トラベルで予約ができればベストです。しかし、SPUを上げるためだけに本来必要のない旅行を楽天トラベルを予約するのは本末転倒です。

仮に楽天トラベルで8,000円のホテルを予約したとすると、楽天トラベルのSPUで楽天スーパーポイントを回収するには、楽天市場で80,000円以上の買い物をする必要があります。

楽天トラベルで支払った金額以上の楽天スーパーポイントを回収するのが難しいのが現実です。わざわざSPUのためだけでに、楽天トラベルで行く予定の無かった旅行を計画するのはおすすめできません。

②楽天Kobo(+0.5倍)

楽天Koboとは、楽天が運営している電子書籍サービスです。 1回の注文で1,000円以上購入するとSPU+0.5倍が加算されます。

日常的に楽天Koboを使用しているユーザーは、楽天市場で買い物をするタイミングに合わせて必ず達成しておきたいSPUです。また、kindleをはじめとする電子書籍を普段から利用している人にもおすすめ。

kindleと比べると若干使用が異なるものの、読書の質が落ちることはまったくありません。実際にわたしも普段はkindleで読書をしていますが、楽天スーパーセールで楽天Koboを利用します。

ただし、読書の習慣がまったくない人や、電子書籍が苦手な人は無理に達成する必要はありません。SPUのためだけに読まない電子書籍を購入すると赤字になってしまいます。

③楽天ビューティ(+1倍)

楽天ビューティーは、3,000円以上の美容室・マッサージをネット予約&施術完了すると、予約した月のSPUに+1倍が加算されます。

楽天トラベルと同じく、SPUを上げるためだけに無理をして美容室を予約するのは本末転倒です。本当に美容室・マッサージに行きたい時に限り楽天ビューティーを利用しましょう。

④楽天ひかり(+1倍)

楽天ひかりは2020年4月に追加された新規SPUです。楽天ひかりを契約するとSPU+1倍が加算されます。

2020年6月にIPv6という接続方式が導入されたため、快適にインターネット接続が可能となりました。料金も他社と比較してもそこそこ安価な価格設定がされています。

ただし、楽天ひかりの契約解除料や縛り期間などのデメリットを考慮すると、現状のネット環境に満足しているのであれば無理をして楽天ひかりに乗り換える必要はないのでは?というのがわたしの考えです。

⑤楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードを使って楽天市場で買い物をするとSPU+4倍が加算されます。11,000円の年会費が必要ですが、楽天市場で年間360,000円以上決済する人は楽天プレミアムカードを発行するのがおすすめです。

また、楽天プレミアムカードは空港のラウンジ利用ができるプライオリティパスが付帯されます。SPUを上げることを抜きにしても、11,000円の年会費でプライオリティパスを取得できるのはお得すぎます。

⑥楽天の保険+楽天カード(+1倍)

楽天の保険を楽天カードで支払うと、SPU+1倍が加算されます。

具体的にどの保険を契約すればいいかは、楽天生命保険・楽天損害保険・楽天ペット保険のいづれかになります。必要に応じて契約者の状況に最適な保険を選択しましょう。

ちなみに2020年までは、楽天カード超かんたん保険の持ち物プランを月払いで契約すれば、月々200円の支払いで毎月SPUを達成できました。しかし、楽天カード超かんたん保険は年払いしか選択できなくなり、契約した月しかSPUが達成されなくなり従来の方法が使えなくなりました。

2020年までは必須のSPUでしたけど、2021年現在は自身の状況に応じて契約するか決めましょう。

楽天SPUで攻略しなくもいい項目

さいごに説明するのが、攻略する必要のないSPUです。その攻略する必要のないSPUとは、楽天Pashaです。

楽天Pasha(+0.5倍)

楽天Pashaとは、店舗で対象の商品を購入して、レシートの写真を楽天Pashaに送信すると楽天スーパーポイントを獲得できるシステムです。楽天Pashaで100ポイント以上獲得するとSPU+0.5倍加算されます。

新規契約やサービスを乗り換える必要がないタイプのSPUなので一見簡単そうに見えますが、実際に楽天Pashaで100ポイント以上獲得しようとすると相当めんどくさいです。

ポイントを獲得できる対象商品と獲得ポイント数は定期的に変わるし、毎日楽天Pashaのページをチェックしなければいけないし…楽天Pashaは正直に言って労働です。わたし個人的にはSPU+0.5倍の価値はないと感じました。

楽天SPU16倍は不可能?

楽天市場のサイトを見ると「ポイント最大16倍」のバナーが大きく掲載されています。果たして本当にSPU16倍を達成することは現実的に可能なのでしょうか?

2014年から楽天市場を利用しているわたしはSPU16倍は可能だけど目指す必要がないという結論を出しました。現実路線で考えると、SPU+11~13倍を目標にするのがベストです。

SPUを攻略するために楽天のサービスを利用するのは悪くないですが、本当に自分に必要なサービスなのか?というポイントを念頭に置きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA