→1月28日(金)01:59まで!お買い物マラソンで使える最大2,000円OFFクーポンはこちら!

楽天スーパーセールとお買い物マラソンでポイント利用は損!

楽天スーパーセールとお買い物マラソンでポイント利用は損

こんにちは!楽天スーパーセールで爆買いが止まらない管理人のポイント田中です!

楽天カードで決済をしたり、楽天市場で買い物をしたりすると、大量に獲得できる楽天ポイント。

楽天ポイントは「1ポイント=1円」の価値がありますが、楽天市場の支払いで楽天ポイントを使うと損をする可能性があります。

特に、楽天スーパーセールとお買い物マラソンの支払いで楽天ポイントを使用すると、本来獲得できるはずのポイントを受け取れなくなります。

そこで今回の記事では、楽天スーパーセールとお買い物マラソンで、楽天ポイントで支払いするとどれくらい損するかを解説します。

楽天市場の支払いで楽天ポイントを使うのは控えましょう…。

楽天市場で支払い方法をポイント利用に選択すると還元率が下がる!

楽天スーパーセールとお買い物マラソンの支払いで、楽天ポイントを使用すると獲得予定ポイントが大幅に減ります。

例えばこちらの画像の商品。

支払い方法を「楽天カード」に設定した状態で、獲得予定ポイントは728ポイントと表示されています。

しかし、支払い方法を「ポイント利用」に設定すると…

なんと!獲得予定ポイントが416ポイントまで大幅に減っていしまいました!

支払い方法を「ポイント利用」に設定すると、保有している楽天ポイントを消費できますが、獲得できる楽天ポイントが少なくなってしまいます。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンで楽天ポイントを利用するデメリット!

ここからは、楽天ポイントで支払うと獲得予定ポイントが減ってしまう原因を解説します。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンで、楽天ポイントを利用するデメリットは以下の2つです。

  •  SPUのポイント付与が一部対象外
  •  5と0のつく日のポイント付与が対象外

ポイント利用を選択すると、ポイント付与の対象外となるキャンペーンがこんなにもあります。

ポイント利用のデメリット①SPUのポイント付与が一部対象外

支払い方法でポイント利用を選択すると、一部のSPUのポイント付与が受けられません。

ポイント付与対象外となるSPUは以下の通りです。

ポイント利用でポイント付与対象外になるSPU
・楽天カード(+2倍)

・楽天プレミアムカード(+4倍)

・楽天銀行+楽天カード(+1倍)

・楽天の保険+楽天カード(+1倍)

ポイント利用を選択することで、ポイント還元を受けられないSPUがこんなにも…

例えば、「楽天カード+2倍」と「楽天銀行+楽天カード+1倍」のSPUの達成している人が、支払い方法でポイント利用を選択すると、還元率3%分を損することになります。

節約するためにSPUを攻略しているのに、ポイント還元を受けられないのは本末転倒です。

ポイント利用のデメリット②5と0のつく日のポイント付与が対象外

5と0のつく日

5と0のつく日は楽天カード支払わなければ、ポイント付与を受けることができません。

毎月5、10、15、20、25、30日にポイント還元率が+2倍加算される5と0のつく日。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンの期間中は、還元率が高い5と0のつく日を狙って買い物をするのがセオリーです。

しかし、せっかく5と0のつく日に買い物をしても、ポイント利用を選択すると還元率+2倍は付与されないので要注意です。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンでポイント利用すると、どれくらい損なのか計算してみた

楽天市場の支払いでポイント利用を選択すると、楽天カード支払いに比べて最大8%も損をすることが判明しました。

8%損をするケースは、SPUの楽天プレミアムカード・楽天銀行・楽天の保険を達成して、なおかつ5と0のつく日に買い物した時に起こりえます。

楽天プレミアムカードを保有していない人でも、5~6%損をする可能性も十分に考えれます。

ポイント還元率にシビアになる楽天スーパーセールとお買い物マラソンで、ポイント還元率が6%も下がるのはかなりの痛手です。

楽天キャッシュもSPUの一部と5と0のつく日対象外!

楽天市場や楽天ペイの支払いで利用できる楽天キャッシュ。

実は楽天キャッシュも、SPUの一部と5と0のつく日でポイント付与の対象外となります。

楽天ポイント以上に使い道が限られている楽天キャッシュですが、ポイント還元率が減少する楽天市場で使用するのはおすすめできません。

楽天キャッシュは楽天ペイで消費するのが一番です。

【まとめ】楽天スーパーセールとお買い物マラソンの支払い方法は楽天カード一択!

この記事では、楽天スーパーセールとお買い物マラソンの支払いで、ポイント利用を選択するデメリットを解説しました。

楽天市場の支払い方法でポイント利用を選択すると、一部のSPUと5と0のつく日のポイント還元を受けられなくなります。

場合によっては本来受けられるはずの還元率が8%下がる可能性もあるので、ポイント利用で支払いをするのはおすすめできません。

楽天市場のもっともおすすめな支払い方法は間違いなく楽天カード一択です。

「消失直前の期間限定ポイントをなんとかして消費したい…」というような状況でない限り、楽天市場での支払い方法は楽天カードを選択しましょう。