記事内にPRを含みます

【入手困難】PayPayギフトカードはコンビニで購入できない!

PayPayギフトカードはコンビニで購入できない

PayPayにはPayPayアプリの残高をチャージできる「PayPayギフトカード」が存在します。

わたし自身がPayPayギフトカードに興味を持ったので、コンビニやネットで購入できないのか調査しました。

なんと2023年12月現在、一般消費者向けにPayPayギフトカードは販売されていないという驚愕の事実が判明しました!

そこで今回の記事では、謎に包まれたPayPayギフトカードの実態について解説します!




PayPayギフトカードのPayPay残高の種類は何?

PayPay残高には4つの種類があるのをご存じですか?

それぞれの特徴をしっかり理解しておきましょう。

■PayPayマネー

唯一出金ができるマネーです。本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATMなどからチャージしたもので、現金同様の扱いになります。他の決済と違い、出金が可能です。

■PayPayマネーライト

出金できないマネーです。

クレジットやPayPay後払いなどを利用してチャージしたマネーになります。交通系ICカードのようなイメージです。チャージした分だけ使えますが、出金したり返金したりすることはできません。

■PayPayポイント
出金することはできません。

特典やキャンペーン等で付与されたポイントです。

■PayPayポイントライト
出金することはできません。

特典やキャンペーンなどで入手可能ですが、こちらのポイントは有効期限があることに注意しましょう。

PayPayのギフトカードはコンビニで購入不可能!

PayPayギフトカードはコンビニで購入できない

2023年12月現在、PayPayギフトカードはコンビニ・薬局・スーパー・百貨店・ネットなどでは販売されていません。

ギフトカードやバリアブルカードと言えば、Amazonギフト券のようにコンビニの入り口付近で大量に販売されているイメージがあります。

しかし、その中にPayPayギフトカードはありません。

結論を言ってしまうと、PayPayギフトカードは実在しますが、一般消費者のPayPayギフトカードは販売されていません。

我々一般人がPayPayギフトカードを購入するのは不可能なのか…




【実は珍しい】PayPayギフトカードは法人にしか販売されていない

PayPayギフトカードは一般消費者が購入することはできませんが、日本国内の法人限定で販売されています。

Q ギフトカードは誰でも購入できますか?

 A 日本国内の法人の方に限定しております。

出典:PayPay

企業が行う促進キャンペーン・イベント集客アイテム・会員獲得のインセンティブ・アンケートの謝礼などに、PayPayギフトカードが使われるようです。

つまり、PayPayギフトカードは購入することは不可能ですが、企業が行っているキャンペーンや来場者プレゼントで配布される可能性があることになります。

PayPayギフトカードは非売品ということもあり希少価値はかなり高そうですね。

過去にマネックス証券やSoftbankの促進キャンペーンでPayPayギフトカードが配布された実績があります。

paypayギフトカードの画像

PayPayギフトカードは金券ショップやメルカリでも購入が難しい…

「どうやってもPayPayギフトカードを手に入れられないのか!?」と、意地になってPayPayギフトカードが販売されていそうな場所を徹底的にリサーチしました。

近所の某大手金券ショップにいくつか来店してみましたが、わたしが調べてたところのすべての店舗でPayPayギフトカードは取り扱っていませんでした。

また、フリマアプリのメルカリでPayPayギフトカードの出品を調べたところ、過去に取引された実績は見つかりませんでした。

PayPayギフトカードの貴重度はスーパーレアです…。

PayPayギフトカードの使い方

PayPayギフトカードを購入することはできませんが、何らかのキャンペーンやイベントで獲得することは可能です。

PayPayギフトカードを獲得した際の利用方法は以下の通りです。

①PayPayアプリの「チャージ」を選択→②チャージ画面下部の「その他のチャージ方法」にある「ギフトカード」をタップ→③ギフトカード番号を入力→④内容を確認しチャージする

Amazonギフト券やiTunesカードを同じ要領でチャージできます。

初見でも簡単に操作できるので安心して利用できます。

PayPayギフトカードの使い方は超カンタン!




PayPay決済で商品券・プリペイドカードは購入できないので要注意

補足の説明ですが、PayPayの決済アプリを使って商品券やプリペイドカードは購入できないので注意が必要です。

商品券、プリペイドカード、印紙、回数券その他の有価証券等(ただし、当社らが個別に承諾した場合はこの限りではありません)

出典:PayPay加盟店利用規約

コンビニの入り口に置いてあるAmazonギフト券・楽天バリアブルカード・GooglePlayコード・iTunesカードなどは、PayPayを使って購入することができません。

利用規約には「当社らが個別に承諾した場合はこの限りではありません」と記載されていますが、わたしたちが普段使いする店舗で、PayPayが承諾されている可能性は限りなく低いと思われます。

→プレゼントに最適なAmazonギフト券ボックスタイプはこちら

→Appleユーザーが喜ぶApp Store & iTunesギフトカードはこちら




PayPayギフトカードとコンビニ大手のセブンマイルの交換がスタート

2022年11月16日からコンビニのセブンイレブンが発行しているセブンマイルとPayPayギフトカードの交換がスタート!
ですが交換期間が限られているようで、現在2回目のイベントが終了しています。(2022年12月14日~2023年1月10日)
3回目の交換イベントの情報はまだ未定のようですがコチラでチェックできます。

PayPayギフトカードとセブンマイルの交換の条件などはコチラ
100マイル = PayPayギフトカード100円分の交換が可能
1日あたり最大5回(500円分)
期間内あたり最大100回(1万円分)

PayPayギフトカードがふるさと納税でもらえる

ふるさとチョイスで寄付をすると最大15%相当のPayPayギフトカードがもらえます。かなり貴重なカードなのでこれはオススメですね。

PayPayギフトカードをもらうための条件は3つ
①事前エントリー
②ふるさとチョイスで初めて納税する方
③名前・住所・住民票情報をページに登録

例えば13,000円を寄付すると、10,000円分がキャンペーン対象となるので1,500円分のPayPayギフトカードがもらえます。

イベントなどでしか現状は入手できないPayPayギフトカードですが、ふるさと納税でゲットできるのはかなりお得ですね。

PayPayギフトカードをチャージしてしまったあとは、他人に送ることは出来ません。

もし人にあげたいという場合にはチャージする前に渡す必要があるので注意しましょう。

楽天ふるさと納税の場合、最大30%のポイントバックがあります。