→7月31日まで!PayPayカードの新規発行特典がぶち抜いてきた!

【徹底調査】PayPayで複数アカウントを保有することはできるのか?

PayPay(ペイペイ)は複数のアカウントを作成可能?

こんにちは!PayPayポイントを貯めることを楽しみにしてい

 

ポイント田中です!

PayPayはお得なキャンペーンが充実しているので「PayPayのアカウントを複数取得してPayPayポイントの還元やクーポンを二重取りできるのでは?」と、ついつい考えてしまいます。

そこで今回の記事では、PayPayで複数のアカウントを保有することについて徹底的に調べてみた内容を解説します。

はじめに結論を伝えると、複数のPayPayアカウントを保有するのは規約違反となるので、複数のアカウントを取得するのは止めておくべきです。

逆に、複数の端末で1つのPayPayアカウントを使用するのは可能です。



PayPayで複数アカウントを保有するのは禁止

PayPayで複数のアカウントを保有するのは禁止

はじめに結論を伝えると、PayPayで複数のアカウントを保有することは禁止されています。

その旨はPayPay利用規約にしっかりと記されています。

第1条 PayPayマネーアカウントの開設等

利用者がPayPayマネーを利用するにあたっては、当社所定の手続きを行い、PayPayマネーアカウントを開設する必要があり、当社は当該申請内容を審査し、相当と認めた場合に上記開設を承認するものとします

利用者は、PayPayマネーアカウントを複数保有することはできません。また、PayPayマネーアカウントを第三者に利用させることはできません。

出典:PayPay利用規約

大前提としてPayPayアカウントを複数保有することはできません。どうしても複数のアカウントを作成したい人は、残念ですが諦めるのが賢明です。



複数の電話番号を持っていれば複数アカウントを作成することはできるけど…

PayPayのアカウントを作成するときに必要な、電話番号やメールアドレスは1つのアカウントにつき1つしか紐づけできません。

つまり、電話番号を1つしか保有していない人は、1つのPayPayアカウントしか作成できないということです。

しかし、複数の回線契約している人は、それぞれの電話番号をPayPayに登録することにより、実質的に1人で複数のPayPayアカウントを作成することが可能です。

また、こちらの記事によると、「長期継続特典などで付与されるPayPayポイントを受け取るためにPayPayアカウントを複数される場合は問題ない」とのこと。

実際に問い合わせて確認した情報なので信憑性はかなり高そうですね。

一方で、本人確認済みアカウントは1人つき1つしか作成できないので要注意です。

結局PayPayの複数アカウントはアリなの…?ナシなの…?

過去に複数のPayPayアカウントを作成して利用停止された例も…

「複数のアカウントを使って不当にPayPayポイントを獲得する」

実はこの方法はめちゃくちゃハイリスクなので絶対にやってはいけません。

過去にPayPayで行われたイベントで複数のアカウントを使って参戦した人たちは、後日PayPayポイントがはく奪されるという憂き目にあっています。

PayPayの還元ボーナスが取り消しになる報告が相次ぐでは、PayPayポイントをはく奪された人たちのツイートがまとめられています。

PayPayで複数アカウントを使って不正することは大変なリスクです。

せっかくPayPayの特典を受けられると思っていたのに、獲得したPayPayポイントすべてキャンセル…泣くに泣けない状況になってしまうので要注意です。



複数の端末で1つのPayPayアカウントを共有するのは可能

PayPayアカウントの共有は可能

1人が複数のPayPayアカウントを保有することは禁止されています。

逆に、1つのPayPayアカウントを複数の端末で利用することは可能です。

PayPayをスマホにインストールして、すでに保有しているアカウントパスワードを入力すれば問題なく使用できます。

スマホ2台持ちをしている人にはありがたい!

また、PayPayにはログイン管理機能が実装されており、どの端末でPayPayが利用されたかを簡単に確認できます。

ただし、本人以外の第三者(配偶者や子供)が本人名義以外のPayPayアカウントを使用するのはNGです。

Q.家族名義の支払い方法を利用したい

PayPayにご登録いただく情報はご本人名義のものに限らせていただいております。

クレジットカードや銀行口座についてもご本人名義のものをご利用ください。

出典:PayPay

PayPayはルールを守って正しく使いましょう。