→1月28日(金)01:59まで!お買い物マラソンで使える最大2,000円OFFクーポンはこちら!

楽天の「5と0のつく日」と「勝ったら倍」はどっちで買うべき?

5と0のつく日と勝ったら倍はどっちがお得?

こんにちは!ポイントマガジン管理人のポイント田中です!

楽天市場では「5と0のつく日」と「勝ったら倍」が買い物をする絶好のタイミングです。

どちらも通常よりポイント還元率が高いため、どちらのイベントで買い物をしようか迷いますよね…。

楽天スーパーセールでは「5と0のつく日」と「勝ったら倍」のどちらで買い物をすれば悩みます。

そこで今回の記事では、楽天市場の「5と0のつく日」と「勝ったら倍」のどっちで買い物をすればいいかを徹底解説します!

先にこの記事の結論を伝えると、「勝ったら倍」よりも「5と0のつく日」を狙って買い物をするのがおすすめです!

「5と0のつく日」と「勝ったら倍」のどっちで買い物をしようか悩んでいる人は是非ご一読ください!

「5と0のつく日」VS「勝ったら倍」徹底比較!

まずは「5と0のつく日」と「勝ったら倍」の概要を、表でまとめたのでご覧ください。

5と0のつく日勝ったら倍
開催日毎月5,10,15,20,25,30日対象チームが勝利した翌日
還元率1%1~3%
獲得上限月間3,000ポイント1,000ポイント(イベントごと)

「勝ったら倍」の対象チームとは、楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナの3チームです。

すべてのチームが勝利すると還元率は3%にもなるので、運が良ければとてもお得に買い物ができるのが特徴です。

一方の「5と0のつく日」は、還元率は1%ですが毎月定期的に開催されるので、計画的に買い物をしやすいメリットがあります。

ちなみに「5と0のつく日」の広告バナーには「ポイント還元率+5倍」と記載されていますが、5倍の内訳はSPUが加算した後の還元率なので正しくは1%還元となります。

「5と0のつく日」よりも「勝ったら倍」がお得!だけど…

「5と0のつく日」と「勝ったら倍」はどちらがお得なのか?

ポイント還元率を比較すると、「5と0のつく日」よりも「勝ったら倍」の方がポイント還元率が高くお得に買い物ができます。

トリプル勝利で+3倍はお得すぎます!

しかし、還元率だけを見ると「勝ったら倍」がお得に感じますが、実は「勝ったら倍」はあまりおすすめできないイベントです。

「勝ったら倍」がおすすめできない理由は以下の2つです。

  • 「勝ったら倍」の開催日を予測するのは困難
  • 「勝ったら倍」のトリプル勝利はほぼありえない

「勝ったら倍」にはデメリットも…

「勝ったら倍」の開催日を予測するのは困難

「勝ったら倍」の開催日を予測するのはとても困難です。

対象チームの試合日程を把握した上で、さらに対象チームがしなければ「勝ったら倍」は開催されないので、計画的に買い物をするのに不向きなイベントです。

楽天イーグルスのファンや毎週サッカー観戦を欠かさない人であれば、「勝ったら倍」の開催日を予測するのは難しくないかもしれません。

しかし、普段から野球とサッカーに関心が薄い人は、参加するのが難しいイベントとなります。

「勝ったら倍」のトリプル勝利はほぼありえない

「勝ったら倍」の最大の魅力は、対象チームがすべて勝利する「トリプル勝利+3倍」です。

ポイント還元率+3倍といえば、ご愛顧感謝デーと同じ還元率になるので、買い物をする絶好のタイミングになります。

しかし、このトリプル勝利は滅多に起こることはありません。

TwitterやGoogleの検索機能で「勝ったら倍 トリプル勝利」について調査しましたが、過去にトリプル勝利があったことを確認できませんでした。

W勝利+2倍は1年に3~4回程度ありますが、トリプル勝利+3倍はほとんど期待できません。

確実にポイント還元を受けられる「5と0のつく日」で買うべき

5と0のつく日

「勝ったら倍」のポイント還元率はとても魅力的です.

しかし、確実にポイント還元を受けたいのであれば「5と0のつく日」に買い物をするのがおすすです。

「5と0のつく日」は5日間隔で必ず開催されるイベントなので、確実にポイント還元を受けられるので計画的に買い物ができます。

「5と0のつく日」の方がストレスなく快適に買い物ができます!

楽天スーパーセールでも「勝ったら倍 」 より「5と0のつく日」で買い物をするのがおすすめ !

楽天市場で買い物をする絶好のタイミングと言えば楽天スーパーセールです。

楽天スーパーセールの期間中も、「勝ったら倍 」ではなく「5と0のつく日」に買い物をするのがおすすめです。

楽天スーパーセールは開催期間が1週間しかないので、開催される保証がない「勝ったら倍」に狙いを定めるのはリスクがあります。

まずは「5と0のつく日」に狙いを定めて、購入する商品のポイント還元を確実に受け取りましょう。