PayPayポイント運用で引き出しをするタイミングを考察しみた

こんにちは!ポイントマガジン管理人のポイント田中です!

証券口座を開設する必要がなく、PayPayアプリで簡単に投資ができるPayPayポイント運用。

せっかく投資をするからには、しっかりと利益を確定してからPayPayポイントを引き出したいですよね。

そこで今回の記事では、PayPayポイント運用で引き出しをするタイミングについて考察してみました。

また、当記事はPayPayポイント運用の必勝法や利益を保証するものではりませんので、運用における最終判断は自己責任でお願いします。

特に投資初心者でPayPayポイント運用をしている人は是非ご一読ください。



大前提!相場の利益確定のベストタイミングは誰にもわからない

大前提ですが、投資や運用で利益を確定するベストタイミングは誰も確実に当てることはできません。

これはPayPayポイント運用にも言えることで、もっとも利益がでるタイミングでPayPayポイントを引き出すのはとても難しいことです。

「天井だと思ってPayPayポイントを引き出した直後に暴騰した」

「テクニカル分析に沿ってトレードしているけどうまく利益がでない」

こんなことは、投資初心者だけでなく、投資のベテランにも起こり得ることです。

どちらに値動きするかを、完全に当てることはほぼ不可能です。

「相場の値動きは自分の思い通りにならない」という前提を理解してPayPayポイント運用をしましょう。

相場の値動きがどこに向うかは誰にもわかりません…。

PayPayポイント運用を引き出すタイミング3選

相場の値動きを完璧に予想するのは難しいですが、PayPayポイント運用の引き出しをするタイミングを考察してみました。

引き出すタイミング3選
①最初から利益確定ラインを決めておく

②満足する利益がでた時

③損切をする時

個人的にPayPayポイント運用を引き出すタイミングは、以上の3パターンが最適だと考えています。

もちろんこれらのタイミングで引き出したからといって、確実に利益がでるわけではないのでご理解ください。

繰り返しになりますが、投資の最終判断は自己責任であることを念頭に記事を読み進めてください。



ポイント運用を引き出すタイミング①最初から利益確定ラインを決めておく

「10%値上がりしたら利益を確定しよう」

「1,000円分の利益がでたらりPayPayポイントを引き出そう」

というように、PayPayポイント運用を始める前に、引き出すタイミングを決めておく方法があります。

あらかじめ利益確定ラインを決めておくことで、感情に流されずにトレードすることができます。

「もうちょっと値上がりするかな?」みたいに、モヤモヤすることがなくなるのでおすすめです。

ポイント運用を引き出すタイミング②満足する利益がでた時

投資経験が全くない人であれば、自分が満足する利益がでたタイミングで引き出しをするのもおすすめです。

繰り返しになりますが、相場の上げ下げを予想して当てることは誰でもできることではありません。

ならば相場の状況を無視して、完全に自分本位で「これくらプラスで利益確定できるならいいか」と思えたタイミングで引き出しましょう。

ポイント運用を引き出すタイミング③損切をする時

「自分の予想とは真逆の値動きをしてしまった」

「これ以上のマイナスになるのは精神的に耐えられない」

このような状況に陥った時は潔く損切をして、運用しているPayPayポイントを引き出しましょう。

特にレバレッジをかけて運用をするチャレンジコースを選択して短期トレードをしている人は、大きな損失をださないために早めの損切が必要です。

「相場で必ず利益を出す」というのはほぼ不可能です。予想した値動きが間違えていたと判断した場合は素直に損切をしましょう。



運用初心者が引き出しのタイミングを見分けれるようになうるには?

PayPayポイント運用を引き出すタイミングを判断できるようになるには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を使いこなして、様々な相場のイベントを体験して経験値を蓄えなければいけません。

「PayPayポイント運用は初心者でも利益をだせる」というのは大間違いです。

PayPayポイント運用は投資初心者でも簡単に運用できるだけで、利益をだしやすいかは全くの別問題です。

利益確定のタイミングを判断するために、最低限の知識としてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を理解しましょう。

①テクニカル分析

テクニカル分析とは、値動きのチャートを使って相場を分析する手法です。

MACDやボリンジャーバンドを用いたチャート分析や、短期移動平均線と長期移動平均線が重なるゴールデンクロスなど…これまでの値動きの推移をもとに今後の値動きを予測するのがテクニカル分析です。

ただし、投資初心者がいきなりテクニカル分析をマスターするのはとても大変です。

覚えなければいけない専門用語や、さまざまなチャートの分析をする必要があります。

本気でテクニカル分析を学びたい人は、実践を交えつつじっくり腰を据えて学習するのがおすすめです。

②ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、アメリカの雇用統計や発表された金融政策をもとに今後の値動きを予測する手法です。

個別株であれば会社の将来性や財務状況を分析する必要がありますが、PayPayポイント運用はS&P500という指標に連動するETFに投資をしているので、個々の会社の財務状況を分析する必要はありません。

その代わり、アメリカの政策金利や物価上昇率をはじめとする経済指標を注視する必要があります。

PayPayポイント運用の引き出し方

ここからはPayPayポイントを引き出す手順を解説します。

①PayPayアプリのポイント運用を開き「運用状況」をタップします。

②引き出したいコースを選択して「ポイントを引き出す」をタップします。

PayPayボーナス運用の引き出し方

③引き出したい金額を入力して「引き出す」をタップします。

PayPayボーナス運用の引き出し方

これにてPayPayポイント運用の引き出しは完了です。

引き出したPayPayポイントがPayPay残高に反映されたのを確認しましょう。

まとめ

最後にこの記事の内容を簡単にまとめます。

  •  利益確定のベストタイミングは誰にもわからない
  •  予め利益確定のタイミングを決めておくか、自分が満足する利益がでた時に引き出すのがおすすめ
  •  テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を学んで相場になれる

PayPayポイント運用は投資初心者でも簡単に投資ができますが、利益をだすのは決して簡単ではありません。

2020~2021年にかけて世界的なバブル相場だったため、PayPayポイント運用で利益がでているユーザーは多いですが、2022年以降も安定して利益をだせるかは誰にもわかりません。

利益を確定するタイミングを判断できるようには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を学んで、相場を体験して少しずつ経験値を積みましょう。