→63時間限定のビッグセール!Amazonタイムセール祭りはこちら

【ここだけ見ろ!】Yahoo!ショッピングのクーポンの探し方まとめ!

こんにちは!ポイントマガジン管理人のポイント田中です!

Yahoo!ショッピングで買い物をしていて「クーポンを使って買い物をしたいけど、どこのページでクーポンを獲得できるかわからない…」と感じたことはありませんか?

Yahoo!ショッピングってクーポンの獲得方法がちょっとわかりずらいんですよね…。

そこで今回の記事では、Yahoo!ショッピングでのクーポンの見つけ方を超わかりやすく解説します。

また、割引率が高いけど実はお得ではない要注意クーポンの見分け方も記事の後半で紹介します。

Yahoo!ショッピングでクーポンを探す時は下の3種類のクーポンを注目するのがおすすめです。

  •  ストア別のクーポン
  •  日替わりクーポン
  •  週替わりクーポン

これらのクーポンをチェックしておけば、Yahoo!ショッピングの買い物で迷うことはありません。

それではクーポンの探し方を詳しく解説するので是非参考にしてください!

【最強】Yahoo!ショッピングで配布されているストア別のクーポンを調べる方法

Yahoo!ショッピングでもっとも注目しておきたいクーポンは、Yahoo!ショッピングに出店している各ストア別のクーポンです。

ストア別に発行されているクーポンの中には、人気商品のクーポンや割引率の高いクーポンが多いのが特徴です。

特にLOHACO PayPayモール店やZOZOTOWN PayPayモール店などのクーポンはめちゃくちゃお得です!

ストア別のクーポンを一覧表示するには「本日のお得なクーポン」というページを開きます。

本日のお得なクーポンは、Yahoo!ショッピングトップページの最下層一つ手前の「ショッピングクーポン」というリンクからアクセスできます。

クーポン対象の商品を一覧表示できるから超便利

ストア別に発行されているクーポンは、ストアで販売している商品すべてが割引の対象になっているクーポンと、ストア内の一部の商品が対象になっているクーポンの2種類があります。

ストア内の一部の商品が対象のクーポンは、クーポンが使える商品を一覧表示することが可能です。

「本日のお得なクーポン」のページの「クーポンを獲得」をクリックすると、クーポンの対象商品が表示されます。

獲得枚数順や割引率でクーポンの絞り込みができる

ストア別に発行されているクーポンは、新着順・割引額・割引率に応じた並べ替えや、割引額や割引率に応じた絞り込みが可能です。

特に「獲得枚数順」でクーポンを並び替えると、リアルタイムで人気なクーポンが一目でわかります。

並び替えと絞り込み機能を使えば、お得なクーポンや人気のクーポンを取り逃すことはなくなります!

毎日更新される「日替わりクーポン」も必ずチェック

ストア別に発行されるクーポンの次に注目したいのが日替わりクーポンです。

ジャンル別のクーポンが毎日発行されるので、自分が購入したい商品ジャンルのクーポンの日は必ず獲得しておくべきです。

日替わりクーポンはYahoo!ショッピングのトップページ左サイドバー最上部のリンクからアクセスできます。

日替わりクーポンは毎日00:00に更新され先着順で1人1回利用可能です。

忖度抜きの感想として、ストア別のクーポンに比べて日替わりクーポンのお得度は下がると思います。

自分が欲しい商品が割引の対象に含まれていたり、割引率の高いクーポンが発行されている場合は、積極的に日替わりクーポンを獲得するのがおすすめです。

毎週金曜日には「週替わりクーポン」が発行

週替わりクーポンとは、毎週金曜日00:00に更新されるクーポンです。

日替わりクーポンと似ており、毎週ジャンル別のクーポンが発行され1人1回先着順で利用できます。

クーポンの有効期限は1週間ありますが、水曜日や木曜日などのクーポンが入れ替わるは、クーポン発行上限に達している可能性があるので要注意です。

もし自分の欲しい商品ジャンルのクーポンが発行されなかった場合は無理に獲得する必要はありません。

それでも、毎週1回しか発行されないクーポンなので、毎週金曜日に必ずチェックしておくといいでしょう。

【実は安くない!?】まったくお得じゃないクーポンには要注意

Yahoo!ショッピングには「半額クーポン」「80%OFF」というように、異常に高い還元率を謳っているクーポンが存在します。

これらのクーポンは実は大して安くない可能性があるので要注意です。

割引率の高いクーポンは、もともと市場価格がメーカー希望小売価格よりもはるかに安い商品の可能性があります。

例えば、メーカー希望小売価格が10,000円で、実際に市場で流通している価格が4,000円の商品があるとします。

このような商品はどこでも大体4,000円で購入できるのですが、「60%OFF!」というクーポンやセール情報をだすことで、めちゃくちゃ安いと錯覚させてしまいます。

もし、明らかに割引率の高いクーポンや商品を見つけた場合は、購入する前に他のECサイトでの販売価格を調べるのがおすすめです。