→2月11日(土)01:59まで!お買い物マラソン大特価SALE対象商品はこちら!

有料版のマネーフォワードmeプレミアムを無料で使う方法3選

マネーフォワードプレミアムを無料で使う方法

こんにちは!マネーフォワードmeプレミアムで家計管理をしているポイント田中です!

マネーフォワードは無料版でも充分すぎる機能を利用できますが、有料版のマネーフォワードプレミアムに登録すると、無制限に口座連携ができたり資産推移を閲覧できたりするメリットがあります。

しかし、マネーフォワードプレミアムは年間5,500円(android版)の費用が掛かるので、なかなか有料版にグレードアップできない…と二の足を踏んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、有料版のマネーフォワードmeプレミアムを実質無料で使う方法を解説します!

マネーフォワードmeプレミアム無料で利用するには、マネーフォワードの光回線を契約するか、30日間の無料トライアルに申し込みをする2つの選択肢があります

有料版マネーフォワードは実は無料で利用できます!



マネーフォワードを無料で使う方法①マネーフォワード電気と契約する

マネーフォワード電気を使うとマネーフォワードプレミアムが無料で使える

マネーフォワードは家計簿アプリの他に、固定費見直しサービスを提供しています。

固定費見直しサービスの中の一つに「マネーフォワード電気」を取り扱っており、マネーフォワード電気契約者はマネーフォワードmeプレミアムを無料で利用できます。

マネーフォワード電気は、個人・企業・官公庁施設などに電気供給実績を持つシン・エナジー株式会社と提携する電気事業です。

しかし、2022年5月31日以降、燃料価格の高騰を受け新規の申し込み受付を停止しています。

2023年現在、マネーフォワード電気の新規受付が再開されるかは未定です。

マネーフォワードを無料で使う方法②マネーフォワード光と契約する

マネーフォワード光とは、マネーフォワードが運営する光回線サービスです。

マネーフォワード光契約者は、特典として有料版のマネーフォワードを無料で利用できます。

導入するための工事費や事務手数料は無料で、集合住宅・マンションは3,850円、戸建て住宅は4,985円で月々利用できます。

2023年現在、家計簿アプリのマネーフォワードを無料で利用するために、マネーフォワード光を契約するのがもっともおすすめの方法です。



マネーフォワードを無料で使う方法③30日間の無料トライアルを利用する

マネーフォワードプレミアムを無料で使う方法

マネーフォワードmeプレミアムは、30日間の無料トライアルが設けられています。

「有料版のマネーフォワードが気になっているけど、課金するには抵抗を感じる…」という人は、とりあえず30日間の無料お試し期間でマネーフォワードmeプレミアムを利用するのがおすすめす。

無料でマネーフォワードプレミアムを利用して、メリットを感じられれば年払いで契約するのもアリでしょう。

もちろん30日以内に解約をすれば料金は発生しません。

電気会社の乗り換えが面倒な人は、マネーフォワードmeプレミアムの無料トライアルがおすすめ

有料版のマネーフォワードmeプレミアムを無料で利用する方法は以下の2つです。

  •  マネーフォワード電気と契約する
  •  30日間の無料トライアルを利用する

ただし、同居する家族に相談したり、現在利用している電気事業者との契約もあるので、電気会社の乗り換えはいくつかの弊害があります。

もし、「少しだけマネーフォワードmeプレミアムを試してみたい」という考えであれば、30日間の無料トライアルに申し込むのがおすすめです。

30日間の無料トライアルの申し込みは、マネーフォワード電気と契約するよりも気軽にできるのでおすすめです。