→1月28日(金)01:59まで!お買い物マラソンで使える最大2,000円OFFクーポンはこちら!

楽天スーパーセールとお買い物マラソンの買う順番は関係ない?

お買い物マラソンの購入する順番に関するルール

こんにちは!ポイントマガジン管理人のポイント田中です!

楽天スーパーセールとお買い物マラソンでショップ買いまわりイベント」のルールを複雑に感じたことはありませんか?

例えば…

「買い回りの順番は関係あるの?」

「1ショップで買い物をするとポイント+1倍だから、安い商品から購入した方がいいの?」

「エントリー前の商品は買い回りに加算されるの?」

正直なところ、わたしも初めてショップ買い回りイベントに参加した時は、いまいちルールを把握できませんでした…。

ということで今回の記事では、楽天スーパーセールとお買い物マラソンのルールについて解説します。

結論を先に伝えると、買い回りの順番によって獲得できるポイント数は変わらないので、順番を気にせず買い物をして問題ありません。

→スーパーDEAL50%以上ポイントバック対象商品はこちら

→楽天市場で現在配布中のクーポンはこちら

楽天スーパーセールとお買い物マラソンで商品を買う順番は関係ない

楽天スーパーセールやお買い物マラソンで、買い回りの順番によって最終的に獲得できるポイント数が変わることはありません。

高い商品から買い回りを始めても、安い商品から買い回りを始めても、最終的に付与される楽天ポイントは同じになります。

ショップ買い回りキャンペーンのルールは下の画像のように、1ショップ購入でポイント1倍・2ショップ購入でポイント2倍…10ショップ購入でポイント10倍と増えていきます。

引用:楽天市場

上の画像を見ると、「1ショップ目の買い物は+1倍だから、安い商品から買い回りをして、終盤で高額商品を購入した方がお得になるのでは?」と勘違いしてしまいそうになります。

しかし、イベント期間中に購入した商品は、購入した順番に関係なく買い回りをしたショップ数に応じた楽天ポイントが付与されます。

楽天市場のヘルプ・お問い合わせにも、買い回りの順番は関係ないと表記されています。

ショップ買いまわりの仕組み

※買いまわりの順番は問いません。

引用:楽天市場

買い回りイベントは、買い物をした順番に関係なくポイントが付与されます。

→楽天市場の24時間限定タイムセールはこちら

→15%OFFクーポンを配布中の楽天24はこちら

楽天スーパーセールとお買い物マラソンでよくある間違い

楽天スーパーセールとお買い物マラソンで、初心者がついつい間違えてしまう事象を紹介します。

初心者がついつい間違えてしまうこと
①ポイント倍率の低い序盤は安いものから購入する

②買い回り終盤で高額な商品を購入する

上記の2つのは、楽天スーパーセールとお買い物マラソンでよくある勘違いです。ショップ買い回りイベントのルールを正しく理解しましょう。

間違い①ポイント倍率の低い序盤は安いものから購入する

「ポイント還元率が低い1店舗目と2店舗目は、価格が安い商品を購入しよう…」という考えは間違えです。

最終的にショップ買い回りイベントを完走した場合、順番関係なく購入した商品すべてにポイント+10倍が付与されます。

間違い②買い回り終盤で高額な商品を購入する

「ポイント還元率が高い9店舗目と10店舗目に高額商品を購入して、楽天ポイントを効率的に獲得しよう!」という考えも間違え。

繰り返しになりますが、イベント期間中に購入した商品すべてが同じポイント倍率になるので、ショップ買い回りの順番はまったく関係ありません。

安い商品から買っても、高い商品から買っても、最終的に獲得できるポイント数に変わりありません。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンは、エントリー前の買い物も買い回り対象になる

楽天スーパーセールとお買い物マラソンは、いずれもエントリーが必要なイベントです。

そこで「間違えてエントリーをする前に商品を購入してしまった!」というミスは、誰にでも起きうる事態です。

しかし、商品を購入したのがショップ買い回りキャンペーンの開催期間内であれば、エントリー前に購入した商品も買い回りに加算されます。

キャンペーン期間中にエントリーすれば、エントリー前のお買い物も買いまわりの対象となります。

引用:楽天市場

ちなみに、楽天スーパーセールとお買い物マラソン以外のイベントは、エントリーをする前に買い物をするとポイントが付与されないイベントもあるので要注意です。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンは、うっかりエントリーを忘れても大丈夫!

→スーパーDEAL50%以上ポイントバック対象商品はこちら

→楽天市場で現在配布中のクーポンはこちら

楽天スーパーセールとお買い物マラソンの買い回りルールをおさらい

最後に改めて楽天市場での買い回りルールをおさらいしましょう。

ショップ買い回りイベントでは、以下3つのポイントを必ず抑えておきましょう。

ショップ買い回りイベントのルール
①エントリーが必須

②1ショップ当たり1,000円以上購入する

③獲得できるポイントには上限がる

これらのルールさえ覚えておけば、買い回りイベントはばっちりです!

①エントリーが必須

ショップ買い回りキャンペーンである、楽天スーパーセールとお買い物マラソンは、いずれもエントリーが必須となるイベントです。

エントリー前に商品を購入してしまっても、ショップ買い回りキャンペーン期間であればエントリー前に購入した商品も買い回りに加算されます。

②1ショップあたり1,000円以上購入する

買い回りに加算されるには、1ショップで1,000円以上の買い物をする必要があります。

1,000円未満の買い物は、買い回りにカウントされないので注意が必要です。

ちなみに、1,000円以上の商品を購入しようとしても、クーポンを使用して最終的な支払額が1,000円未満の場合は買い回りにカウントされません。

③獲得できるポイントには上限がある

楽天スーパーセールとお買い物マラソンで獲得できる上限は7,000ポイントです。

10ショップ買い回りを達成した場合、7,000ポイントを獲得するための購入金額の目安は77,778円になります。

獲得できるポイント上限に到達する金額を、買い回りショップ数別にして以下の表にまとめたので参考にしてください。

10店舗買い回り77,778円
9店舗買い回り87,500円
8店舗買い回り100,000円
7店舗買い回り116,667円
6店舗買い回り140,000円
5店舗買い回り175,000円
4店舗買い回り233,334円
3店舗買い回り350,000円
2店舗買い回り700,000円

2020年までは買い回りで最大10,000ポイント獲得できたのですが、2021年から獲得できるポイントの上限が減りました。

まとめ

この記事では、楽天市場のショップ買い回りに関するルールをまとめました。

筆者であるわたしも、初めての楽天スーパーセールやお買い物マラソンで買い回りをした時は、購入する順番を気にしていたことがありました…。

買い回りでは商品の金額や順番を気にする必要がないので、自分の好きな順番でお得に買い物をしましょう。

→楽天市場の24時間限定タイムセールはこちら

→15%OFFクーポンを配布中の楽天24はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA