記事内にPRを含みます

Amazon Music Primeが改悪された?変更点や支障と解決策などを解説

Amazon music primeアップデート

Amazon Music Primeが改悪された件をご存じですか?

2022年11月に行われたアップデートで、「Amazon Music Primeが改悪された!」と多くの不満が続出していましたので、詳細についてまとめてみました。

この記事で分かる事
  • Amazon Music Primeのアップデートで改悪されたもの
  • Amazon Music Primeの改悪問題の対策方法
  • Amazon Music Prime以外のサブスクサービス

Amazon Music Primeの改悪アップデートで変更された点

まずはAmazon Music Primeのアップデートで何が改悪されたのかを詳しく確認していきましょう。

曲数が200万曲から1億曲へ拡大

Amazon Music Primeの最近のアップデートでは、利用可能な曲数が200万曲から驚異の1億曲へと拡大しました。

このような数値の増加は、一見すると素晴らしい進歩に見えますが、ユーザーにとっては一部のジャンルやアーティストの楽曲を探すのがより困難になったという報告が多く上がっています。

膨大な楽曲から選び出すのはまさに針の山から一本を見つけ出すほどの難易度で、ユーザビリティの観点からは明らかに改悪と言えるでしょう。

特に、この曲数の増加と次の項目で紹介するシャッフル再生の組み合わせによって最悪ともいえる改悪になったのです。

シャッフル再生が強制されるようになった

シャッフル再生が強制的になったという変更が特にユーザーの間で大きな波紋を呼んでいます。

これまでアルバムやプレイリストを順番に聴くという楽しみ方をしていたリスナーにとって、曲順がバラバラになるシャッフル再生は大きなストレスになっています。

一部のユーザーは、このシャッフル再生強制により、アーティストが意図したアルバム全体の流れを体験することができなくなったと不満を述べています。

オフライン再生ができなくなった

Amazon Music Primeのアップデートでは、オフライン再生機能が削除されました。

これにより、インターネットに接続できない場所での音楽の楽しみ方が奪われた形となり、旅行や移動中のリスナーには特に影響が大きいと言えます。

オフライン再生が出来ないミュージックサブスクは、正直使いづらくて仕方ないですね。

この改悪は、音楽をいつでもどこでも楽しむというデジタル音楽のメリットを大きく損なってしまっています。

スキップ回数に制限ができた

新たにスキップ回数に制限が設けられ、気に入らない曲をスキップする自由が制約されるようになりました。

特に、大量の曲数の中から自分の好きな曲を探すユーザーにとって、スキップ回数の制限は大きなフラストレーションに繋がっています。

音質がSD音質のみになった

音質もSD音質のみとなり、高音質で音楽を楽しみたいユーザーにとっては大きなダウングレードとなっています。

音楽の醍醐味である細かな音のニュアンスや豊かさが損なわれ、満足度は大きく下がっています。

ポッドキャストが強化された

ただし、全てが改悪というわけではありません。

Amazon Music Primeではポッドキャスト機能が強化され、様々なジャンルのポッドキャストを楽しむことができるようになりました。

これは、音楽だけでなく情報収集や学習をAmazon Music Primeで行いたいユーザーにとっては大きな利点となっています。

人気のある芸能人などをMCにした独自のポッドキャストは今後人気が伸びてきそうな気がします。




Amazon Music Primeの改悪問題の対策方法

Amazon Music Primeが改悪されてしまったものの、ある程度は自分で対策を行って使い勝手を良くすることもできます。

Amazon Music Unlimitedにアップグレードする

Amazon Music Primeの制約を受け入れられない場合、Amazon Music Unlimitedにアップグレードすることが考えられます。

こちらは、音楽の選択肢が広がり、音質もHDまで選択可能。

また、オフライン再生やスキップ制限もなく、さらには歌詞表示機能なども利用できます。

ただし、料金はPrimeと比較すると高くなりますので、コストパフォーマンスを考慮する必要があります。

アプリを利用してAmazon Music Primeからダウンロードする

オフライン再生を実現するために、Amazon Music Primeから音楽をダウンロードするためのアプリを利用するという手もあります。

ただし、この手段は利用規約違反となる可能性があるため、利用には注意が必要です。

他の音楽サブスクを利用する

最後に、Amazon Music Primeの代わりに他の音楽ストリーミングサービスを利用するという選択肢もあります。

Spotify、Apple Music、Line Musicなど、音質や機能、料金などを比較して自分に合ったサービスを選ぶことが可能です。

Amazon Music Prime以外の音楽サブスクまとめ

音楽ストリーミングサービスは、Amazon Music Prime以外にも様々な選択肢があります。

その中でも人気のあるものは以下の通りです。

Spotify

Spotifyは、世界最大級の音楽ストリーミングサービスです。

曲数はAmazon Music Primeを凌ぐ1億5000万曲以上で、アーティストのレアな音源も見つけやすいのが特徴です。また、個々のユーザーの音楽嗜好に合わせて曲を推薦する機能も充実しています。

Apple Music

Apple Musicは、Appleが提供する音楽ストリーミングサービスで、約6000万曲の楽曲が聴き放題です。

Apple製品との連携がスムーズで、音質も高めです。

Line Music

Line Musicは、LINEが提供する音楽ストリーミングサービスで、約4000万曲が利用可能です。

J-POPの取り扱いが豊富で、LINEとの連携が強いのが特徴です。

以上のように、Amazon Music Primeの改悪に困っているユーザーは、他の音楽ストリーミングサービスに目を向けてみると良いでしょう。

それぞれのサービスが持つ特色を理解し、自分に合った音楽生活を見つけてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!