記事内にPRを含みます

メルペイはなぜやばい?メリット・デメリットや使い方を徹底解説

メルペイ画像

この記事では、メルペイはなぜやばいのか?そしてメリット・デメリット・使い方を徹底解説します。

スマートフォン決済サービスの普及に伴い、沢山の電子決済が登場しました。
その中でも特に注目されているのがメルカリが運営する「メルペイ」決済です。

しかし、インターネット上ではメルペイと検索すると
「メルペイ やばい」というフレーズを目にすることがあります。

このフレーズだけを見てしまうと、使わない方がいいのかな…と不安になる方もいるかもしれません。

メルペイは、上場企業であり国内大手のフリマアプリ「メルカリ」が提供する決済サービスで、利便性の高さから大変多くの利用者に愛されています。

ですが、一部ではメルペイに関する誤解や、特定のデメリットに対する懸念が浮上しており、これが「やばい」という表現につながっているのかもしれません。

でもご心配なく!これから丁寧に解説していきます!

それではここからメルペイの基本情報や、なぜ「やばい」と言われるのか、そのメリットとデメリット、安全かつ効果的な使い方について解説スタートです!

メルペイとは

メルペイの画像

メルペイは日本で一番使われているフリマアプリ「メルカリ」によって運営される最新のスマートフォン決済サービスです。2019年にサービスを開始して以来、メルカリのユーザーであれば誰でも簡単に使うことができて、すでに全国170万か所以上の店舗で利用可能です。

メルペイの特徴

メルカリとの連携

メルカリの売り上げやメルカリポイントを使って決済することができます。これは特にメルカリで活発に取引を行っているユーザーにとって、非常に便利な機能です。

iD決済の利用

メルペイは電子マネーiDでの支払いが可能です。これにより、セブンイレブン、イオン、吉野家など多くの店舗で使えるため、日常のショッピングがよりスムーズになります。

モバイルSuicaへのチャージ機能

メルペイ残高を交通系ICカード「Suica」にチャージすることもできます。メルペイユーザーは比較的若い方が多く、交通機関を頻繁に利用するため、このチャージ連携はとてもメリットが大きいです。

メルペイはメルカリユーザーだけでなく、広く一般のスマートフォンユーザーにも役立つ決済サービスです。ただし、利用する際には、その特徴や利用条件を理解しておくことが重要ですね。

メルペイが「やばい」と言われる理由

インターネット上で「メルペイ やばい」というフレーズを見かけることがありますが、これにはいくつかの理由があります。

フィッシング詐欺の標的

メルペイがやばいと言われる主な原因の一つは、過去にメルペイを装ったフィッシング詐欺が発生したことです。

これにより、一部の利用者の間で不安が生じてSNSなどでも話題になりました。

誤解と誤った情報

一部ではメルペイに関する誤解や誤った情報が広まっています。

例えば、メルペイが不正利用や安全でないという噂がありますが、これは正しい使い方をすれば問題のない便利なサービスです。このページに記載している正しい知識を身につけましょう。

デメリットの認識

メルペイはポイント還元がされない、クレジットカードからのチャージが不可能などのデメリットがあり、これが一部のユーザーにとって不便と感じられることがあります。

楽天ペイやペイペイを利用しているユーザーからすると、ポイント還元がないというだけで、やばいと感じてしまったのかもしれません。

メルペイが「やばい」とされる理由は、大半が誤解や不正確な情報に基づいています。したがって、サービスの正しい理解を持ち、正しく利用することが重要です。

メルペイのメリット

メルペイには多くのメリットがあり、これらは日常生活での支払いを便利かつ効率的にします。

メルカリ売上金やメルカリポイントが支払いに利用可能

メルペイはメルカリでの売上金やメルカリポイントを直接決済に使用できます。これにより、メルカリでの取引がよりスムーズになります。手数料もかからず、簡単に利用できるのが大きなメリットですね!

後払いサービス

メルペイスマート払いという後払いサービスもあるので、現金が手元にない場合でも後で支払うことができます!
海外でもBNPLという後払いのビジネスモデルが流行していますが、これをいち早く取り入れたメルカリはさすがといったところですね。

クーポンの割引率が高い

メルペイは支払額に応じたポイント還元システムはありませんが、高い割引率を提供するクーポンが不定期に発行されます。
クーポン好きな方にはかなりおすすめです!

https://twitter.com/mappy555/status/1739166400927952945

銀行口座の登録が不要

メルペイは銀行口座を持っていない方でも利用できて、セブン銀行ATMを使って現金をチャージすることができます。
簡単に利用できるっていうのはプラスポイントですね!

SuicaへのチャージとiD決済対応

メルペイ残高はSuicaにチャージすることもでき、iD決済にも対応しています。交通機関や多くの店舗での支払いがスムーズに行えるのも魅力ですね。

メルペイのデメリット

デメリットの画像

メルペイには多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットもありますので、ここでしっかり理解しておく必要があります。

ポイント還元がない

実はメルペイは、利用に応じたポイント還元がありません。
楽天ペイやPayPayのようなポイント還元がないため、この点が一部のユーザーにとってはデメリットに感じられることがあります。

クレジットカードからのチャージ非対応

メルペイはクレジットカードから直接チャージすることができません。
銀行口座やセブン銀行ATMを通じたチャージが必要になります。せっかくのキャッシュレス決済なのに、チャージがクレジットからできないのは少し不便さを感じてしまいますね。

手数料の発生

メルペイスマート払いや定額払いの利用には、手数料がかかる場合があります。
また、遅延損害金や出金手数料も発生する場合がありますので、追加コストはしっかり把握して注意しましょう。

利用可能店舗の制限

メルペイは多くの店舗で利用可能ですが、キャッシュレス決済の中では後発だったこともあり、まだ利用できない店舗も沢山あります。

キャッシュレス決済を利用する際には、これらのデメリットを事前にしっかり理解して、自分のライフスタイルやニーズに合った決済手段を選択することが重要ですね!

メルペイの安全な使い方

メルペイは便利な決済サービスですが、安全に利用するためにはポイントを押さえておく必要があります。

本人確認をしっかりと行う

メルペイを利用する際には、必ず本人確認を完了させることが重要です。これにより、不正利用のリスクを低減し、安心してサービスを利用することができます。

フィッシング詐欺に注意する

メルペイを装ったフィッシング詐欺が過去に報告されています。
そのため、怪しいメールやリンクには注意し、必ず公式のアプリやウェブサイトを通じて取引を行うことが重要です。

利用限度額を理解し管理する

メルペイスマート払いなどの後払いサービスを利用する場合、利用限度額をしっかりと理解し、適切に利用することが重要です。後払いサービスを利用する方の中には、管理がルーズになり支払いが遅れたり、予定以上に利用をしてしまうケースがあります。後払いは借金と同じような感覚で注意して利用することをお勧めします。

定期的に取引履歴を確認する

定期的にメルペイの取引履歴を確認し、不審な取引がないかチェックすることも大切です。これにより、万一の不正利用を早期に発見し、対応することができます。これはメルペイに限らず、クレジットカードやオンラインバンクなども同様です。自分の資産はしっかりと自分で管理して守りましょう。

利用規約を遵守する

規約違反によるペナルティを避けるためにも、利用規約をよく理解し、適切にサービスを使用しましょう。
例えばアカウントを第三者に利用させたりすると規約違反となります。利用停止とならないように何が禁止事項かをしっかり把握しとくことをオススメします。

メルペイについてしっかりと把握し、メルペイの全ての機能を最大限に活用し、日々の生活をより豊かにしていきましょう!

メルペイの今後と結論 – まとめ

メルペイは、現代のキャッシュレス社会においてとても重要な役割を担っています。

メルカリというセカンドマーケットの地位を確立させ、今メルカリはアメリカでもその名を広げるようになっています。

最新のベンチャーが作り上げたキャッシュレス決済は、その便利さと機能性から多くのユーザーに評価されており、今後もさらなる進化が期待されています。

今後の展望

先日、スキマバイトという新たなジャンルに参入することを発表しました。

タイミーのようなスキマ時間で働ける求人を今の時代は企業も労働者も互いに求めています。

「メルカリ ハロ」と呼ばれるこのスキマバイトの給与も、おそらくメルペイで支払いされるようになると思います。

給与をメルペイで受け取り、メルペイで衣食住を支払い、不要なものはメルカリで売却して売上金はメルペイで受け取る。

このようなメルペイ経済圏がこれから先どんどん広がっていくことが予想されますね。

この恩恵を最大限に受けて生活をしていくためにも、きちんとメリット・デメリットを理解しておきましょう。

メルペイの利用を検討している方々にとって有益な情報源となれば幸いです。