記事内にPRを含みます

ローソンでレターパックプラス・ライトは売ってる?買い方や発送や受取り方法を解説

ローソンでレターパックは買える

レターパックが急に必要になったとき、郵便局が閉まっている時間だとどこで買えばいいのか分かりませんよね?

ご安心ください。実はレターパックはローソンで買うことが出来るんです。

この記事で分かること

・ローソンでレターパックプラス・ライトを購入可能

・店内のポストでそのまま発送可能

・厚さ3cmを超える場合はポスト投函できないので郵便局へ

・支払いは現金のみ対応

ローソンでレターパックを買える!

ローソンは日本郵便と提携しているので、ほとんどの店舗でレターパックプラス(520円、赤色、対面受け取り)とレターパックライト(370円、青色、郵便受け配達)の両方を販売しています。

店舗によっては、郵便局併設店舗や交通量の多い場所にある店舗など、特定の条件を満たしている店舗でしか販売されていない場合があります。

売り切れになっている場合も考えられるので、事前に電話などで確認するのもオススメです。

私も実際にローソンを3か所程回ってみましたが、3店舗とも取り扱いしていました。

レターパックの種類について

レターパックには、「レターパックプラス」「レターパックライト」の二種類があります。

違いは下記になります。

3cm以上の厚さのものを送りたいという場合にはレターパックプラスを選択しましょう。

レターパックプラス
レターパックプラスの画像
料金一律520円
サイズ340×248mm
重量4kg以内
配達方法対面。印鑑又はサイン
公式サイト 日本郵便(レターパック)
レターパックライト
レターパックライトの画像
料金一律370円
サイズ340×248mm
重量&厚さ4kg & 3cm以内
配達方法ポスト
公式サイト 日本郵便(レターパック)

ローソンでレターパックが買えない時は別のコンビニでも買える

レターパックを販売しているのはローソンだけではありません。

下記が他のコンビニでの取り扱い情報です。

コンビニ名取り扱い
ファミリーマート△一部のみ
セブンイレブン
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート

ローソンでレターパックが買えない場合は、上記の様にファミリーマートセブンイレブンなど、他のコンビニでも購入することができます。

ただし、レターパックプラス・ライトを扱っているコンビニは限られているため、周辺のコンビニを事前に調べておくことが必要です。

また、コンビニでの購入方法や発送方法は、各店舗によって異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

ローソンでレターパックを買う方法

ローソンでレターパックを購入するには、まずレジに行き店員さんにレターパックを購入したいと伝えましょう。

レターパックは一般的に店頭には陳列されていないので、直接店員に尋ねる必要があります。

購入方法は3ステップなので下記の様に進めればOKです。

レターパック購入の流れ
  • 店員さんにレターパックを購入したいと伝える
  • 欲しいカラー(赤か青)を伝えると分かりやすい
  • 支払いをする

たったこれだけでOKです!簡単ですね♪

公式サイト 郵便ポスト、切手・ハガキ・収入印紙、レターパックについて|ローソン公式サイト

レターパックの購入はローソンの場合現金のみ

ローソンでレターパックを購入するときには、現金のみ取り扱い可能です。

クレジットカードやポイントカードなどでは支払いできないので必ず現金を持って行ってください

ローソンでレターパックを発送する方法

レターパックはレターパックプラス、レターパックライト両方ともローソンに設置してあるポスト投函するか郵便局に出すだけでOKです。

注意が必要なのは追跡用のシールを剥がしておくということです。

レターパックの発送手順

①宛名や差出人などの必要事項を記入する

②追跡コードのついたシールを剥がす(ご依頼主様保管用シール)

③ローソンのポスト投函 or 郵便局に出す

レターパック発送の注意事項の画像

シールに記載されている番号で荷物の追跡ができます。下記の追跡サービスページにアクセスして番号を打ち込むだけでお荷物の配送状況を確認できます。

公式サイト 日本郵便追跡サービス




ローソンでレターパックを受け取りできるの?

レターパックには受け取りにルールがあるため、ローソンに限らずすべてのコンビニで受け取りは出来ない仕組みになっています。

「レターパックプラス」→ 対面受け取り

「レターパックライト」→ ポスト投函で受け取り

レターパックプラスは必ず対面受け取りになるため、重要なものを送る時はこちらを使った方がいいと思います。

レターパックをポスト投函する際の注意点

レターパックプラスだから4cmくらいでも全然大丈夫~と思ってポストに行ったら、
ポストの入り口が狭くて入らなかった!という事例が多発しています。

ポストによって投函口の厚さが異なる

ポストは最近の新型の左右に投函口があるもの、投函口が1つだけのもの、コンビニ設置のものと数種類存在します。

投函口が2か所ある最近のポストの場合、4cmの厚さまで投函可能です。

投函口が1か所しかないポストの場合、3.4cmの厚さまでしか入らないので注意です

・ポストに入らないものは郵便局の窓口で発送する必要がある

発送を急いでいる荷物の場合

ポストはそれぞれ集荷時間や回数が決まっていて、ポストの前面または側面に記載されています。

地方にあるポストの場合1日1回の集荷などと決まっている場合があります。

急いでいる場合は郵便局窓口にいき、発送をする方が良いでしょう。

他のコンビニでレターパックは買える?